書籍の詳細

多彩な才能をもった不特定多数をネットワーク化し、あらゆる問いに対して「アイディアを生み出す」方法を「クラウドストーミング」と呼ぶ。組織の枠を越え、コミュニティやオンライン空間を舞台に創造性を高めるチーム作り、知財戦略の手法までを網羅。200社のプロジェクトと10万人のクリエーターを結びつけてきた方法とは?中小企業から「フォーチュン500」に名を連ねる企業までが応用できる、問題解決のための新しいしくみ≪クラウドストーミング≫。レゴのオンラインプラットフォーム「クウソウ」、スターバックス「ベターカップ・チャレンジ」、GE「エコマジネーション」、P&G、GAP・・・・・・など、クラウドストーミングを利用した企業の事例も豊富に掲載。●クラウドストーミングの構想を実行に移すための最適なツールとは●最良のアイディアを引きだすために参加者に適切な問いを投げる●外部の人材と働くことを懸念する内部スタッフへの対処法●参加者の努力に対して適正な報酬を提供するには●外部の才能を利用するにあたり問題となる法的障害を乗り切るには●結果を評価し、最良のアイディアを選ぶには

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

クラウドストーミングのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 組織外の人々と連携してアイディアを産み育てる方法
    企業などの組織でアイディア創出や意思決定に際してしばしば用いられる「ブレインストーミング」は、すでに一般的な手法として定着している。本書では、そのブレインストーミングの参加者を、組織外の群衆(クラウド)までスケールアップさせたものを「クラウドストーミング」と呼ぶ。インターネットの普及に伴い、不特定多数のアイディアを集め、意思決定や新商品・サービスの開発などに役立てることが容易になったが、本書では、その事例を豊富に引用しながら、クラウドストーミングを成功させるための理論と具体的方法論を丁寧に解説する。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年09月04日