書籍の詳細

男らしい姫君と、女らしい若君が性を取り替えて生きる男女×逆転トランスセクシャルSTORY! 尚侍がかつての沙羅双樹ではないかと疑念を抱く帝。そんな中、流刑に処された僧・銀覚は帝への復讐を目論んでいた。不穏な空気が都を覆う中、沙羅双樹と帝の関係に変化が――!? 愛憎の12巻!

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

とりかえ・ばやのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ますます目が離せない
    絵といい、ストーリーといい 素晴らしいです。
    本巻は内容も益々目が離せない! 主上との関係も急接近!早く次巻が読みたい!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月06日
  • とりかえ・ばや
    男らしい姫君と、女らしい若君。それならいっそ、とりかえてしまいませう--。時は平安。入れ替わった性のまま育った、姉の沙羅双樹と弟の睡蓮。やがて二人は、禁断の運命に翻弄されていき・・・!? 「少女革命ウテナ」など数々の名作を生み出された、さいとうちほ先生が、現代的な要素盛りだくさんの古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。衝撃に次ぐ衝撃の展開、先が気になりすぎる毎号の引きで、掲載誌の「月刊flowers」でも人気絶好調です。女性読者の皆さま、ぜひお見逃しなく!
    投稿日:2014年08月29日
  • 平安ものと言ったら大和和紀の「あさきゆめみし」が本当に大好きでテッパン漫画なのですが、久しぶりに夢中になりそうな平安ものマンガに出会いました!しかしなんで女子は「平安宮中」が好きなんですかね~。まず本当にこんな生活があったのかなーという憧れみたいなものがありますね。農業をする、商売をするなど具体的な生活の糧となる仕事がないので、まあ駆け引きやら、気の利いた返しやらで頭を悩ませているわけです。そんなこちらの物語の主人公は、同じ時に同じ父親(母親は別)から生まれた若君と姫君がとても似ていて、そして男らしい姫君と女らしい若君が、男女逆転していくというストーリーです。これがもう「バレたらやばい!」要素をすでに構築しているわけです。実際にある古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジした作品とのことです!原形の古典も気になっているところです。
    • 参考になった 16
    投稿日:2014年07月25日