江戸残念考

100円 (税別)

獲得ポイント 1pt (1%還元)

御先手組与力・浅田次郎左衛門は、慶応四年戊辰の年の正月を、江戸で平穏に迎えていた。いつに変わらぬ正月が過ぎたと思ったところに、鳥羽伏見の敗け戦、大樹公の江戸帰城の報せを聞く。次郎左は叫んだ「ざ、残念!」と。時代に取り残された御家人の姿を描く。短篇集『お腹召しませ』所収の一篇。

カゴに追加 100 円(税別)

御先手組与力・浅田次郎左衛門は、慶応四年戊辰の年の正月を、江戸で平穏に迎えていた。いつに変わらぬ正月が過ぎたと思ったところに、鳥羽伏見の敗け戦、大樹公の江戸帰城の報せを聞く。次郎左は叫んだ「ざ、残念!」と。時代に取り残された御家人の姿を描く。短篇集『お腹召しませ』所収の一篇。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。