新黙示録 安曇野の秘宮

450円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

古代文字を解読するうち、恐ろしい人体実験の陰謀が明らかに!政権党の実力者を父に持つ大友次郎と、製薬会社社長令嬢、楡ひとみの盛大な結婚披露宴のさなか、突然、新婦がナイフで新郎に襲いかかった。場内は騒然、混乱を極める中、「道祖神の怨霊が」との謎の言葉を残して、新婦は姿をくらました。失踪したひとみを追うかつての恋人・加尾参三は、やがて信州安曇野に到り、記紀の時代につながる“古代の民”の争乱に巻きこまれていった……。●志茂田景樹(しもだ・かげき)静岡県生まれ。おひつじ座のA型。中央大学法学部卒。塾講師、新聞記者などを経て、1976年秋に『やっとこ探偵』で第二七回小説現代新人賞を、1980年には『黄色い牙』で第八三回直木賞を受賞。

カゴに追加 450 円(税別)

古代文字を解読するうち、恐ろしい人体実験の陰謀が明らかに!政権党の実力者を父に持つ大友次郎と、製薬会社社長令嬢、楡ひとみの盛大な結婚披露宴のさなか、突然、新婦がナイフで新郎に襲いかかった。場内は騒然、混乱を極める中、「道祖神の怨霊が」との謎の言葉を残して、新婦は姿をくらました。失踪したひとみを追うかつての恋人・加尾参三は、やがて信州安曇野に到り、記紀の時代につながる“古代の民”の争乱に巻きこまれていった……。●志茂田景樹(しもだ・かげき)静岡県生まれ。おひつじ座のA型。中央大学法学部卒。塾講師、新聞記者などを経て、1976年秋に『やっとこ探偵』で第二七回小説現代新人賞を、1980年には『黄色い牙』で第八三回直木賞を受賞。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。