書籍の詳細

彼に出会って恋を知った。それは想像とは違うリアル。制御不能のこの想いが、未知の世界の扉を開く。ことり、15歳の春――。高校入学式当日、教室にやってきたのは、ことりと同じ名字の男の子・雪斗で…!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

僕達は知ってしまったのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「LOVE☆フェスティバル」開催中!! ということで、ピュアなラブがぎっしり詰まったこちらの作品をご紹介☆ 恋愛シュミレーションゲームが趣味の梶ことりは、現実の男の子とはほとんど話したことがなく、男に免疫がない内気な女の子。高校入学前のある日、ゲームの中の男の子キャラに振られてしまったところを、生身の男の子に目撃されてしまう。そして入学した高校で、その男の子・梶雪斗と同じクラスに! さらに自分と同じ名字で席も前後の雪斗は、やたらとことりに突っかかってきて!? 男の子との接し方が分からず、些細なことでドギマギして戸惑ってしまうウブなことりと、遊び慣れてる風の元ヤンと噂の雪斗。真剣なのかふざけてるのかわからない雪斗に振り回されっぱなしのことりですが、少しずつ会話もできるようになり、だんだんと距離が近づいていく…正反対な二人が織りなす純粋なラブストーリー。青春時代の甘酸っぱい恋愛、いいですね(*´ω`*)心が洗われるようです。これは意外と展開が早く、2巻では両想いになり、お付き合いがスタートします。冒頭の「恋をして知った、自分のズルさと欲の深さ」というキャッチから察するに、恋人になってからの話がメインなのかと思います。ことりにとって初めての経験。ゲームや想像とは違う、制御不能な想いを胸に、未知の世界へと踏み出したことり。雪斗も女慣れしてるのかと思えば、意外とヘタレだったりしてギャップがいいですねw 宮坂先生は絵がとても綺麗で、女の子もキラキラしててとっても可愛いのですが、特に先生の描く男の子は華があり、色っぽくて素敵です!! ことりと中学時代に何かあったらしい雪斗の親友の登場や、謎の美少女の出現でますます広がりを見せる王道青春ラブストーリー! ことりと雪斗の進展が気になるところです☆
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年10月21日