書籍の詳細

カフェを経営する女主人ベネット・クランリーがメイドとして雇ったのは、まだ13歳の少女シャーリー・メディスン。ひとつ屋根の下でふたりが暮らす、穏やかなロンドンでの生活を描いた読切シリーズが、ふたたび1冊の本にまとまりました。これまでに発表されてきた7つの作品に加えて、単行本だけの描き下ろし12ページ読切も収録しています。

総合評価
4.3 レビュー総数:4件
評価内訳

シャーリーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • エドワード朝時代の暮らしを感じられる作品
    同作者の「乙嫁語り」「エマ」がきっかけで作者買いしました。
    「エマ」の10巻後半辺りと同じ時代でメイドという職業について描かれたものですが、作者の同人誌時代の作品や不定期連載をまとめたものなので一話読み切りのストーリーがメインで手軽に読みやすいです。
    主人公のシャーリーがとにかく健気で無邪気で可愛らしくもプロ意識をもってひたむきに仕事を頑張る姿や女主人との和やかな関係に癒されます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月24日
  • 「エマ」とはまた違う、森薫全開のメイド物
    「エマ」は時代考証・作画のしっかりしたとてもまっとうなメイド物だが、こちらはうって変わって森薫の趣味が爆発した「13歳少女メイド」作品。シャーリーちゃん可愛すぎ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月17日
  • 昔アルバイトをしていたメイド喫茶の店長(無類のクラシカルメイド好き)に、「メイドのなんたるかはここから学べ!」とすすめられた1冊です。さすがの森薫だけあって、書き込みもすごいし1ページ1ページとても読み応えがあります。何よりもシャーリーがかわいい!!!かわいすぎて自分にはまねできませんでした(´;ω;`)
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月16日
  • 匿名希望
    シャーリーがとにかく可愛い
    シャーリーのひたむきな感じや頑張る姿は、そこら辺の見た目が良いだけのキャラにはない可愛らしさがあります。恋人というより娘に欲しくなるイメージ。
    作者の同人誌がベースの作品で不定期発表らしいので、3巻がいつになるのか全く読めないのがネック。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年11月06日