レビューはありません
おんな快々淫書 第四回

時は元禄十三年。貧乏長屋で卑猥な小説を描きながら日々を過ごしている二十歳の無三。故郷・皆川藩から頼まれ、子作りをしようとしない殿と正妻の元へ通って、何とかその気になるよう、性の手ほどきをするのであった。そんな中、皆川藩の剣術指南役である志賀千織が訪ねてきた。20代半ばの長身美人・千織は、先日無三が処女をいただいた相手だった。どうやらそれ以来、セックスしたくて仕方ない身体になってしまったようだ。願ったり叶ったりの無三は、武術ならぬ淫術の稽古を始め……。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。