薬物依存をのり越えて やったら、やめられない…

800円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

毎日新聞のインターネットニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ(現・毎日jp)」の連載「あい・たくて」の一部を加筆・修正。「あい・たくて」は、04年2月~05年7月まで、毎日新聞の和田明美記者が、心の病に苦しんできた若者の実態と回復の軌跡を描いた連載で、同書では薬物依存や摂食障害、援助交際を克服した3人の若者たちを取り上げた。また、精神科医の松本俊彦さん、香山リカさん、臨床心理士の堀江姿帆さんたち専門家3人のインタビューも交えた。薬物依存になる人は、子供のころ虐待を受けた場合が少なくない。覚せい剤依存から生還したヒロシは、ダルクでグループ・ミーティングを受けるうちに、幼少期に母親に首を締められて殺されそうになったことを思い出す。摂食障害だったマユミや援助交際をしていたミカも、過度な親の期待に押しつぶされそうになった時に、症状に苦しんでいる。しかし、3人ともグループ・ミーティングなどで語ることを繰り返し、何年もかけて回復している。その姿は、たくましく、読む側に勇気や元気を与えてくれる。

カゴに追加 800 円(税別)

毎日新聞のインターネットニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ(現・毎日jp)」の連載「あい・たくて」の一部を加筆・修正。「あい・たくて」は、04年2月~05年7月まで、毎日新聞の和田明美記者が、心の病に苦しんできた若者の実態と回復の軌跡を描いた連載で、同書では薬物依存や摂食障害、援助交際を克服した3人の若者たちを取り上げた。また、精神科医の松本俊彦さん、香山リカさん、臨床心理士の堀江姿帆さんたち専門家3人のインタビューも交えた。薬物依存になる人は、子供のころ虐待を受けた場合が少なくない。覚せい剤依存から生還したヒロシは、ダルクでグループ・ミーティングを受けるうちに、幼少期に母親に首を締められて殺されそうになったことを思い出す。摂食障害だったマユミや援助交際をしていたミカも、過度な親の期待に押しつぶされそうになった時に、症状に苦しんでいる。しかし、3人ともグループ・ミーティングなどで語ることを繰り返し、何年もかけて回復している。その姿は、たくましく、読む側に勇気や元気を与えてくれる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 薬物依存をのり越えて やったら、やめられない…
  • 著者名: 和田明美 著
  • eBookJapan発売日: 2014年01月31日
  • 出版社: Shinsui-ebooks
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ページ数: 172ページ
  • ファイルサイズ: 22.3MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。