書籍の詳細

主人公は女装癖のある3人の中学生男子。純粋に女の子として生きていきたいためだったり、死んだ姉の身代わりとして母親を慰めるためだったり、理由と事情は様々。それぞれに傷ついたり、悩んだり、胸ときめかしたりしながら、思春期の日々を懸命に生きている。そんな3人が出会ってしまったとき、物語は動き始める――。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ぼくらのへんたいのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 女装ってクセになるっていいますよね。顔には化粧を施し、ロングヘアーのかつらをかぶって、女性ものの服を着る。言葉遣いやしぐさなんかもそれっぽくして。すね毛なんて全剃りでしょうね。鏡の前に立った、自分とは違う自分に最初は幻滅ですよ、きっと。ただ、日々の生活のなかで「こうすればより女性っぽくなれるかも…」「この服をきたらよりリアリティが…」「このウィッグはまりそう」的な感じで思いついちゃって、ついまた…。そんなこんなで試行錯誤を繰り返し、「かつらをやめて髪を伸ばそうかな」「二の腕を、いや全身シェイプしちゃいます?」「脱毛行ってみようかしら」。初めての、女装して外出とかすごいドキドキするんでしょうね。みんな自分を見ているんじゃないか、みたいな感覚になりながらも、それがクセになるというか。っていうかトイレはどうするんでしょうね。まぁ、そんなこんなで、今日もまたひとりの“女性”が誕生するんじゃないかなと勝手に想像してみました。さて今回ご紹介させていただきますのは『ぼくらのへんたい』でございます。主人公は女装癖のある3人の男子中学生です。女装する理由、すなわちそれぞれが背負っている過去とか生活とか、結構重たいんですよね。ちょっと考えさせらる内容です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月11日