書籍の詳細

関東の地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。ルイス・キャロルの詩に関連して、ネットの住人から「ブージャム」と英雄視された犯人は、6人を殺害した後、死刑が執行された。事件から14年後。突如として同じ手口の犯行が始まった。小指を切り取られた女性の惨殺体。「ブージャム」を名乗る血塗られた落書き。かつての被害者、南條信の双子の弟、南條仁のもとへ「襲名犯」からのメッセージが届けられる…。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

襲名犯のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 襲名犯
     事故死した双子の兄の身代わりとして同じ家に養子に出された南條仁。だが、兄の死はただの事故死ではなかった。兄を車で轢いたのは、故意か偶然か街を恐怖のどん底に陥れていたブージャムと呼ばれる連続殺人鬼だった。兄を轢き殺したことがきっかけでブージャムは逮捕され、その14年後、死刑に処された。
     義理の親は既に亡くなっていたが仁はその街に残り図書館で司書として勤める日々を送っていた。そんな折り、”ブージャム”を襲名した殺人鬼が現れる。襲名犯の出現に落ち着きをなくし怯える街。兄とブージャムとの因縁。自分には関わりの無い事件だと思いながらも襲名犯の連続殺人に神経をすり減らす仁。ある“形”にこだわり殺人を行う襲名犯。様々なピースが仁を事件の渦中に追い込んでいく。
     否応なく追い込まれていく運命と闘う仁。しかし、一本調子で闘う意志を固めたわけではない。ブージャムがかつて居た、そしてその襲名犯のいる街から逃げようともした。仁は自分の意志でこの街に来たわけではない。だが、間違いなく仁という人間を育んでくれた街。その街が危機に瀕している。街を救えるのは事件の渦中にいる自分のみという自覚と決意が仁を奮い立たせる。この作品の最高潮はこのシーンだろう。
     この作品を読んでいる間、惹起されるイメージが流される血液以外、モノトーンだった。こんな経験は初めてで、それは文体によるのか表現によるのかストーリーの落とす陰のせいなのかよく分からない不思議な感覚だった。けれども、様々なシーンを思い返す度に少しずつ色が付いてくる、とても興味深い作品だった。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月22日