書籍の詳細

カネなし!技術なし!市場なし!でも、ピンチがいつも救ってくれた――!山口の山奥の潰れかけた酒蔵が世界進出を果たすまでの七転び八起き。テレビ東京「カンブリア宮殿」出演!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

逆境経営のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • カネなし! 技術なし! 市場なし! つぶれかけた酒蔵が世界に展開するまでの七転八起
    〈獺祭〉(だっさい)という酒は、テレビCMも流していないし、量販店やコンビニエンスストアといった一般になじみの深い酒販業態ではほとんど出回っていない。それにもかかわらず、2013年の出荷数量は1万1400石と、純米大吟醸という酒別で全国トップを誇っている。また、2000年からは海外展開を始め、すでに約20ヵ国で販売。しかし、著者が父の急逝を受けて酒蔵の三代目を継いだ当時、旭酒造は山口県岩国市のなかでも、しんがりの4番手メーカーで、焼酎ブームにおされた日本酒市場の縮小に先行して売り上げは急減、瀕死の状態だった。本書は、そのどん底状態から、純米大吟醸〈獺祭〉の開発を軸に経営再建を図り、社員による安定した旨い酒造りによって、世界20ヵ国に進出するまでに至った七転び八起きの物語である。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年01月23日