特定秘密保護法とメディアの“敗戦”

100円 (税別)

獲得ポイント 1pt (1%還元)

権力と向き合い大砲を向けて撃つという歴史のない日本の新聞は、戦前は軍の広報機関となり、戦後は占領軍のいいなりにアメリカのプロパガンダをたれ流した。そして今は安倍政権の「戦争の出来る普通の国」づくりに協力し、自分たちの首を絞める法律を通してしまった。新聞を含めたメディアの問題点をえぐり出す!「対論」

無料立ち読み(14ページ)

カゴに追加 100 円(税別)

権力と向き合い大砲を向けて撃つという歴史のない日本の新聞は、戦前は軍の広報機関となり、戦後は占領軍のいいなりにアメリカのプロパガンダをたれ流した。そして今は安倍政権の「戦争の出来る普通の国」づくりに協力し、自分たちの首を絞める法律を通してしまった。新聞を含めたメディアの問題点をえぐり出す!「対論」

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。