溜息に似た言葉

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

「御縁でもってまた一緒になろう」──川端康成『雪国』より文学作品に書かれたセリフの一言を劇作家・岩松了が読み解き、名作の世界を5人の若手写真家が写す。2005年-2008年に『Domani』(小学館)で連載されたコラム「溜息に似た言葉」の単行本化。書下し『グレート・ギャツビー』の回と、5人の若手写真家による写真40点、岩松了と若手写真家との対談から生まれた人物エッセイ「写真家の言葉」5本を追加収録。◎いただいたコメント騙されたり、信じたり。泣いたり、笑ったり。傷付いたり、許されたり。言葉って、この世で一番色っぽくて危険なものなのかもしれない。恋をしている若者も、倦怠期を迎えたご夫婦も、この「溜め息に似た言葉」の中に、身に覚えのある瞬間を見つけるはずだ。──小泉今日子岩松さんの前では、すべての言葉が全裸にされます。なので僕は岩松さんの前では<無口な男>を演じ続けています。──リリー・フランキー※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

「御縁でもってまた一緒になろう」──川端康成『雪国』より文学作品に書かれたセリフの一言を劇作家・岩松了が読み解き、名作の世界を5人の若手写真家が写す。2005年-2008年に『Domani』(小学館)で連載されたコラム「溜息に似た言葉」の単行本化。書下し『グレート・ギャツビー』の回と、5人の若手写真家による写真40点、岩松了と若手写真家との対談から生まれた人物エッセイ「写真家の言葉」5本を追加収録。◎いただいたコメント騙されたり、信じたり。泣いたり、笑ったり。傷付いたり、許されたり。言葉って、この世で一番色っぽくて危険なものなのかもしれない。恋をしている若者も、倦怠期を迎えたご夫婦も、この「溜め息に似た言葉」の中に、身に覚えのある瞬間を見つけるはずだ。──小泉今日子岩松さんの前では、すべての言葉が全裸にされます。なので僕は岩松さんの前では<無口な男>を演じ続けています。──リリー・フランキー※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。