書籍の詳細

ガンコで不器用、しかもナイーブな高校生・神原実はアイドル顔の同級生・松永佑人に密かに恋している。でも、松永はつきあう相手をころころ替えて「恋の蝶々」と呼ばれる男。しかもノーマル。けれど、恋心を抑え切れなくなったある日、思わず告白してしまい…。ときめくのをやめたいのにやめられない、高校生たちのコンプレックス・ラブ!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

さくらにあいたらのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • もしかしなくても、俺も飼い殺されてんのか…? 恋愛よりも友情優先。恋した相手の残酷な仕打ち…でも、好きな気持ちは変えられなくて。(帯より) うう~ん、この雰囲気…最高ですねっ!! さすがです大洋図書様!本領発揮って感じです!!(何) ガンコで不器用、しかもナイーブな高校生・神原実(真性ゲイ)は、アイドル顔の同級生・松永佑人(ノーマル)に密かに恋している。松永はつきあう女をころころ替えて「恋の蝶々」と呼ばれる男。恋心を抑え切れなくなったある日、神原は思わず松永に告白してしまい…。ときめくのをやめたいのにやめられない、高校生たちのコンプレックス・ラブ! 松永には親の離婚で、愛の言葉が信じられないというトラウマがあり、結局は変わらない愛が欲しかったのですね。それを与えてくれるのは、ゲイの神原かもしれないと気づいたのでしょう。なんたって神原は松永にベタぼれ。可愛さ余って憎さ百倍?って感じです(笑)。諦めようと思うのに、松永が可愛くて諦められない。自分が可愛いと分かっていてわざとやってんじゃないか?ってくらい松永が神原の恋心を刺激します。神原には自分の性癖を周囲に言いふらされた過去があり、恋にはかなり臆病になっています。お互い心に傷を負った者同士、反発しながらもジワリジワリと思いが伝わっていく過程がとても魅力的でした!ぶっちゃけエロシーンはないですが、この作品の雰囲気や言い回しがとても好きです。描き下ろしも幸せな感じで良かったです(~∇~* )。青春爽やかすっきりレモン味BLってイメージ☆なのでBL苦手な方でも抵抗なく読めると思いますのでオススメです!ヾ(´▽`)ノ
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年05月13日