書籍の詳細

東京都のディープなスポット“赤羽”という街を舞台に、作者が遭遇する珍妙な人々や出来事を描いたノンフィクションコミック。連載が打ち切りになって失業した作者は、実家にいるのがいたたまれなくなり、赤羽の安アパートで一人暮らしを始めることに。そこで作者は、超失礼な居酒屋“ちから”のマスターや歌うホームレス・ペイティさん、恐怖の赤飯を差し出す“主”など、超個性的な人達と出会って……!?思わず赤羽へ行きたくなる第1巻!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

東京都北区赤羽のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 面白い!
    自分には絶対できない町探索方法。作者の視点が自分とは全く異なっていてこれがおもしろい。変わった人、変わった店。THE赤羽が存分に味わえる一冊でした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年05月08日
  • えっ!赤羽ってこんなにディープな街だったんですか?『東京都北区赤羽』を読み始めたら、最後まで目が釘づけになりました。お腹の皮が、よじれんばかりになりつつです。美味しい呑み屋がいくつもある街で、私もたまに足を向けますが、こんなに濃い街だったなんて。この本は、赤羽在住の清野とおると、赤羽に棲む怪人物!?たちとの濃厚ふれあいコミックエッセイなのです。路上の芸術家ペイティさんや居酒屋ちからのマスターとママ、ジョージさん、その他次から次に濃厚キャラクターの競演で、ページをめくるのが本当に楽しくなります。ときおり、写真交じりなので臨場感もヒシヒシです。あっ、今度赤羽に行く時はiPhoneに忘れずにこの本を入れなくっちゃ! 赤羽未体験の方でも、抱腹絶倒間違いなしです。(2011.5.17)
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年05月17日