書籍の詳細

情報通信革命=IT革命の本質とは何か。進化を続ける技術をどのように捉え、未来を予見すればいいのか。そして、ITの力を活用して、社会をよりよく変革していくにはどうしたらいいのか。ビジネスリーダーにITとの関わり方の指針を与えてくれる一冊!ITは人間社会の将来に幸福をもたらす道具ともなる。いまは農業革命、産業革命に続く、第三の革命期にある。過去の価値観やシステムを瞬く間に時代遅れにし、新しい価値観やシステムに取って代わられる革命を目の前にして、私たちは生き残るための方策を準備せざるをえなくなった。IT革命をもたらしている三大要素技術は進化を続けている。経営者には少なくとも「ITによって何ができるか」を知っておいてほしい。そうすれば、「自分たちがやりたいこと」を起点に“手段”を選ぶことができる。【主な内容】第1章ITの力が社会を変える第2章革命をもたらす技術は進化を続ける第3章未来を予見する力が競争優位をもたらす第4章IT生産技術の革新がもたらす恩恵終章経営者とITの関わり方を考える

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

IT幸福論のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ITは生活を容赦なく変える。ならば、それを上手に取り込むべきではないか――
    電車の中で見られる光景は、数年前とは大きく様変わりした。かつては皆が携帯電話に向かって親指をすばやく器用に動かしていたが、いまでは画面に指を触れ、上下左右に動かしている人がほとんどである。あっという間に携帯電話がスマートフォンに置き換わったのだ。こうした情報通信技術の目覚ましい発展の影響は、個人の生活はもちろん、社会のしくみやビジネスのあり方、ひいては政治や芸術、宗教の世界にまで及んでいる。本書は、これまでの情報通信技術の進化について詳述するとともに、“情報通信革命”の只中を生きる私たちの世界が今後どう変化していくかについて予見したものである。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年11月28日