書籍の詳細

空中都市ザレムが全てを支配する世界。地に残されたわずかな人類はザレム直下に吐きだれるゴミ溜めの周囲に寄り添い、なんとか生き延びていた。サイバネ医師であり賞金稼ぎでもあるイド・ダイスケはスクラップの中から少女の頭部を見つけ再生させる。少女は記憶を失っていたものの失われた古武術・機甲術をその身に宿していた。自身のルーツ、生きる意味…人生の問いを追い求め、少女は賞金稼ぎとなり、戦いの日々を送るが…!?

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

銃夢のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 記憶喪失の女性サイボーグが戦うSF格闘物
    コミック1巻が91年に発売された作品ながら独特の世界観で2017年の現在でもさほど古臭さを感じさせない作品です。
    「クズ鉄町」と呼ばれる退廃的な街並みを中心にその頭上に浮かぶ「ザレム」と呼ばれる空中都市の謎が物語全体に大きく関わってきますが、大きく分けて「ハンターウォリアー編」「モーターボール編」「TUNED編」のそれぞれで主人公である女性サイボーグのガリィを取り巻く環境や雰囲気がガラッと変わります。
    ちなみに銃夢という作品名ですが主人公が銃を使い始めるのは5巻から。5巻以降も銃撃戦はメインではなく格闘術がメインです。
    この作品内では人とロボット(サイボーグ)の境目は曖昧で、例えば人体が大きく損傷しても脳さえ無事であれば、脳を核に他の身体部分をサイボーグ化して生きのびられます。従って、脳がその人物の生死に大きく関わってくる為、脳みその描写が非常に多いです。苦手な人は要注意かもしれません。
    また、表紙についてですが、旧紙コミックでは95年以降に出版されたコミック8~9巻はバーコード印字の関係で裏表紙が無くなり、元々表紙と裏表紙合わせて一枚絵だった1~7巻も95年以降に刷られたものは裏表紙が省略されてしまっていましたが、こちらの電子版では1~7巻の表紙を表裏合わせた一枚絵のまま縮小して表紙として収録されています。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月10日