ユーザー評価なし レビューを見る
スカウト誠四郎 (1)

鉄人推薦!!「スカウトの人々はプロ野球を支える人々です。」――衣笠祥雄野茂も、松井も、イチローも、スカウトがいなければ存在しなかった!!!生来の優しさから、選手として成功できなかった武光誠四郎。誠四郎が選んだ第2の人生はスカウトだった!野球漫画の職人・三田紀則房が描く、本格スカウト物語!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: スカウト誠四郎 (1)
  • 著者名: 三田紀房
  • eBookJapan発売日: 2014年01月31日
  • 出版社: 講談社
  • 連載誌・レーベル: イブニング
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 239ページ
  • 立読ページ数: 52ページ
  • ファイルサイズ: 72.5MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガスポーツ仕事イブニング
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書店員のレビュー

夏の甲子園も終わってしまいました。私はどちらかというと地区大会に熱くなる方なので、気分は早くもセンバツに向けた秋季大会です。『スカウト誠四郎』(三田紀房)は、書名通り「スカウト」というプロ野球球団の裏方の仕事を題材としたマンガです。将来の逸材を探すのが腕の見せどころの商売のようですが、それは出会いという運にも恵まれないとなかなか難しいようです。主人公の竹光誠四郎は選手として挫折し、いったんは野球界を去っていた苦労人。この誠四郎が幸運にも一流選手になる素質を持った高校生・桐島のプレーぶりを目の当たりにして、物語は動き出します。桐島が通うのは田舎の高校なのですが、本人は名医の家を継がなければならないという環境で育ってきました。誠四郎は桐島をプロ球団に導くことができるのかどうか、そのアプローチの仕方に読み応えがあります。少し残念なのは、もうちょっと成り行きを見守りたいな、というところで完結している点です。もし、食い足りなさを感じたら、同著者による連載中の作品『砂の栄冠』をおすすめします。(2014/9/5)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。