天使なんかじゃない (5)

370円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

お互いを傷つけ合うことに耐えきれなくなった翠は、晃と別れて友達としてやり直すことにした。そんな自分を支えてくれたケンとつき合うことになった翠…。一方、マミリンの想い人・瀧川が志乃に別れを告げられて…?

立ち読み(28ページ)

カゴに追加 370 円(税別)

お互いを傷つけ合うことに耐えきれなくなった翠は、晃と別れて友達としてやり直すことにした。そんな自分を支えてくれたケンとつき合うことになった翠…。一方、マミリンの想い人・瀧川が志乃に別れを告げられて…?

  • 完結
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

「天ない」こと『天使なんかじゃない』といえば1990年代のりぼん黄金期を代表する名作! 何度読んでもきゅんきゅんしちゃいます(>_<) 主人公の冴島翠は私立聖学園の第1期生で生徒会の副会長。生徒会長の晃に恋をしています。晃はリーゼントでちょっとワルぶっているのに本当は優しくて、そしてアツい。学園祭や体育祭の企画も「学校の伝統を作っていこう!」と周りを巻き込んでいくので、読んでいる自分までわくわくしてしまいます。それに同じ生徒会のマミリンとの友情も印象的で、特に翠の「あんたがわたしを嫌いでも 私はあんたのことが好きよマミリン!」という台詞(´;ω;`) 翠みたいな友達がいたら、学園生活も絶対楽しくなりそう! 恋では辛いこともたくさんありますが、卒業式で答辞を読んだ(?)ときの翠が本当にすがすがしくて、いい学園生活を送れたんだな~と(´;ω;`) 『天使なんかじゃない』はまさに青春! 生徒会、友情、そして恋、すべてそろった憧れの学園生活が詰まっていますっ!
  • 参考になった 0

ユーザーのレビュー

匿名希望

(5.0)

投稿日:2016年03月25日

はじめてハマった漫画

学生時代にこの漫画を読んでこんな学生生活や恋愛をしてみたいなぁ、、とホント憧れました。友達みんなでハマってよく回し読みして熱く語ってたな。(笑) 恋愛だけじゃなく友情アリ、家族愛アリで今でも偶に無性に読みたくなる1冊です。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。