別冊 正論 第20号

952円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

雑誌「正論」の読者ならよくご存知の別冊「正論」。まだ手にとったことがない人もぜひ! ●別冊正論●Extra.20●NIKKO MOOK●――亡国の巨大メディアを撃つ!●NHKよ、そんなに日本が憎いのか●INTRODUCTION 再生は可能か―批判と期待と●本誌 上島嘉郎 3●NHKを国民の手に取り戻せ●あえて言おう。民営化や解体では問題解決にならない。日本国の名誉と国益に裨益する本来の“民族系メディア”とするには、「国民」意識の再生こそ不可欠だ●ノンフィクション作家 関岡英之 6●日本放送協会に「日本」なし!●東北復興を舞台にした「あまちゃん」になぜ自衛隊の活動は出てこないのか。自衛隊と戦前日本が大嫌いなNHK。「みなさまのNHK」が奏でる「平和主義」は一体誰のためか●評論家 潮 匡人 14●デタラメ満載!「韓流」歴史ドラマ火つけの責任●東洋史家 宮脇淳子 28●偏向、自虐の原点はどこにあるか―占領領下、NHKはGHQに“調教”されるメディアであった●ジャーナリスト 山村明義 40●大東亜戦争か太平洋戦争か●「局では“大東亜戦争”という用語は禁止になっている」ラジオ番組に出演した私に若いプロデューサーはそう言った。我が国の公共放送でありながら「日本人としての歴史」を護る意志はないのだ…●文芸評論家 桶谷秀昭 46●「八重の桜」「平清盛」「テンペスト」「アテルイ伝」…●ここまでやるか!「抗日」ドラマ垂れ流しの大罪●皇學館大学教授 松浦光修 56●「龍馬伝」への大いなる違和感●なぜ龍馬の「尊皇思想」を描かず、戦後日本の「民主主義」や「平和主義」の鋳型にはめ込もうとするのか●皇學館大学教授 松浦光修 70●「坂の上の雲」から“輝く雲”を消し去ったNHK●皇學館大学非常勤講師 本間一誠 82●民放に出来ないことを!スポンサータブーなしの責務を果たせ●精神科医・作家 和田秀樹 89●【JAPANデビュー裁判 徹底検証】●偏向と歪曲の番組内容を誌上再現●日本の名誉と台湾人の心情はいかに傷つけられたか● 本誌編集部 96●原告敗訴―東京地裁のトンデモ「審理」を誌上再現●これでも公平・公正な訴訟指揮と言えるのか●産経新聞社会部記者(元・雑誌「正論」編集部) 川瀬弘至 103●一審判決で露呈した偏向 NHKと司法界は同じ穴のムジナか●台湾研究フォーラム会長 永山英樹 118●NHK敗れたり! 控訴審が示した正義と日本の良心●日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬 128●崔洋一との対決で考えたNHKの「異常性」●評論家・著述家 古谷経衡 136●NHKは拉致問題をどう報じてきたか●特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 144●受信料の強制徴収は憲法違反である●受信料の支払いを拒んでも、テレビを設置していればNHKの通知後二週間で受信契約が成立――こんな判決がまかり通っていいのか●弁護士 高池勝彦 152●官と民を使い分け―実態は営利貪る吸血コウモリ●経済評論家 渡邉哲也 160●「放送法」に欠けていること― NHKは日本に必要か●なぜ公営放送は税金によって維持運営されるのが妥当なのか。問題の根幹は、日本に真の「放送基本法」が無いことである●軍学者 兵頭二十八 168●「一筆筆誅 NHK殿」セレクション 皇學館大学非常勤講師 本間一誠●THE SEIRON ARCHIVES 2011.04●皇室憎悪を刷り込む画面操作の悪質●180●THE SEIRON ARCHIVES 2012.06 ●失脚の中国要人に籠絡された平野次郎●188●THE SEIRON ARCHIVES 2013.01●そんなにも沖縄を中国に献上したいのですか●195●【CHRONICLE 2011-2013】●一筆啓誅 NHK殿●ニュース、ドラマ、ドキュメンタリー…“みなさまのNHK”は一体何を発信してきたか●皇學館大学非常勤講師 本間一誠 202●草莽が撃つ! CH桜が見抜いたNHKの情報操作●日本文化チャンネル桜代表 水島 総 236●元兵士の声を聞く――●なぜ歴史の影ばかりをクローズアップするのか●ジャーナリスト 佐波優子 244●あの日を境に変わった私のメディア認識●元海上保安官 一色正春 254●メッセージの陳腐化こそ堕落の証●“臆病な巨人”は何処へ行く●評論家・拓殖大学日本文化研究所長 遠藤浩一 266●著者略歴・操舵室から………………………………………………………………… 274●表紙・本文タイトルデザイン――一隼&DNPアート制作本部&Oval平野達也●目次 CONTENTS●

カゴに追加 952 円(税別)

雑誌「正論」の読者ならよくご存知の別冊「正論」。まだ手にとったことがない人もぜひ! ●別冊正論●Extra.20●NIKKO MOOK●――亡国の巨大メディアを撃つ!●NHKよ、そんなに日本が憎いのか●INTRODUCTION 再生は可能か―批判と期待と●本誌 上島嘉郎 3●NHKを国民の手に取り戻せ●あえて言おう。民営化や解体では問題解決にならない。日本国の名誉と国益に裨益する本来の“民族系メディア”とするには、「国民」意識の再生こそ不可欠だ●ノンフィクション作家 関岡英之 6●日本放送協会に「日本」なし!●東北復興を舞台にした「あまちゃん」になぜ自衛隊の活動は出てこないのか。自衛隊と戦前日本が大嫌いなNHK。「みなさまのNHK」が奏でる「平和主義」は一体誰のためか●評論家 潮 匡人 14●デタラメ満載!「韓流」歴史ドラマ火つけの責任●東洋史家 宮脇淳子 28●偏向、自虐の原点はどこにあるか―占領領下、NHKはGHQに“調教”されるメディアであった●ジャーナリスト 山村明義 40●大東亜戦争か太平洋戦争か●「局では“大東亜戦争”という用語は禁止になっている」ラジオ番組に出演した私に若いプロデューサーはそう言った。我が国の公共放送でありながら「日本人としての歴史」を護る意志はないのだ…●文芸評論家 桶谷秀昭 46●「八重の桜」「平清盛」「テンペスト」「アテルイ伝」…●ここまでやるか!「抗日」ドラマ垂れ流しの大罪●皇學館大学教授 松浦光修 56●「龍馬伝」への大いなる違和感●なぜ龍馬の「尊皇思想」を描かず、戦後日本の「民主主義」や「平和主義」の鋳型にはめ込もうとするのか●皇學館大学教授 松浦光修 70●「坂の上の雲」から“輝く雲”を消し去ったNHK●皇學館大学非常勤講師 本間一誠 82●民放に出来ないことを!スポンサータブーなしの責務を果たせ●精神科医・作家 和田秀樹 89●【JAPANデビュー裁判 徹底検証】●偏向と歪曲の番組内容を誌上再現●日本の名誉と台湾人の心情はいかに傷つけられたか● 本誌編集部 96●原告敗訴―東京地裁のトンデモ「審理」を誌上再現●これでも公平・公正な訴訟指揮と言えるのか●産経新聞社会部記者(元・雑誌「正論」編集部) 川瀬弘至 103●一審判決で露呈した偏向 NHKと司法界は同じ穴のムジナか●台湾研究フォーラム会長 永山英樹 118●NHK敗れたり! 控訴審が示した正義と日本の良心●日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬 128●崔洋一との対決で考えたNHKの「異常性」●評論家・著述家 古谷経衡 136●NHKは拉致問題をどう報じてきたか●特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 144●受信料の強制徴収は憲法違反である●受信料の支払いを拒んでも、テレビを設置していればNHKの通知後二週間で受信契約が成立――こんな判決がまかり通っていいのか●弁護士 高池勝彦 152●官と民を使い分け―実態は営利貪る吸血コウモリ●経済評論家 渡邉哲也 160●「放送法」に欠けていること― NHKは日本に必要か●なぜ公営放送は税金によって維持運営されるのが妥当なのか。問題の根幹は、日本に真の「放送基本法」が無いことである●軍学者 兵頭二十八 168●「一筆筆誅 NHK殿」セレクション 皇學館大学非常勤講師 本間一誠●THE SEIRON ARCHIVES 2011.04●皇室憎悪を刷り込む画面操作の悪質●180●THE SEIRON ARCHIVES 2012.06 ●失脚の中国要人に籠絡された平野次郎●188●THE SEIRON ARCHIVES 2013.01●そんなにも沖縄を中国に献上したいのですか●195●【CHRONICLE 2011-2013】●一筆啓誅 NHK殿●ニュース、ドラマ、ドキュメンタリー…“みなさまのNHK”は一体何を発信してきたか●皇學館大学非常勤講師 本間一誠 202●草莽が撃つ! CH桜が見抜いたNHKの情報操作●日本文化チャンネル桜代表 水島 総 236●元兵士の声を聞く――●なぜ歴史の影ばかりをクローズアップするのか●ジャーナリスト 佐波優子 244●あの日を境に変わった私のメディア認識●元海上保安官 一色正春 254●メッセージの陳腐化こそ堕落の証●“臆病な巨人”は何処へ行く●評論家・拓殖大学日本文化研究所長 遠藤浩一 266●著者略歴・操舵室から………………………………………………………………… 274●表紙・本文タイトルデザイン――一隼&DNPアート制作本部&Oval平野達也●目次 CONTENTS●

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 別冊 正論 第20号
  • 著者名: 別冊 正論編集部
  • eBookJapan発売日: 2013年12月20日
  • 出版社: 産経新聞社
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 279ページ
  • ファイルサイズ: 116.5MB
  • 関連ジャンル: マガジン総合誌一般誌
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。