書籍の詳細

聡香とともに暮らす半人前の神さま・コトリは、散歩中に出会った陸上少女・千佳に興味津々!ところが千佳にもう一人の神さまが近づいて……しかも彼女の力は縁切り!?迷える神さまと不器用な人間たちのカラフルデイズ、愛を抱えるすべての人に贈る、完結巻です!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

神さまばかり恋をするのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 縁は切るもの繋ぐもの
    縁結びの神様コトリが修練のため、人間の世界で聡香(さとか)の家へ居候したことから始まる日常を描く。
    この作品の良さはなんといってもコトリの天真爛漫さだ。ただ軽い気持ちで笑顔を振りまくのではなく、複雑なもの、相対するものすべてを理解する、理解しようとしたうえでそれでも笑顔を絶やそうとしないそんなキャラクターが魅力的な作品。
    私は少しフルーツバスケットの本田透と重ねてみているのかもしれない。
    本編の物語は、雑誌休刊のあおりを受け終わったのか終わってないのかわからない結末にはなってしまったが、できることなら彼女たちのその後もぜひ見届けていたい作品だ。
    ※eBookJapanでは他の電子書籍店にはないカバー裏、カバー下を収録しています。素敵な絵を描く人なので全て堪能してください。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月06日