嗚呼!! 花の応援団 (8)

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

ノックアウトという謎の四日間アルバイトに行くことになった富山(とみやま)達は、バスに乗せられて他の学生達であふれかえる控え室に連れてこられる。そこで、バイト内容に不安を感じる新入団員・友田(ともだ)は、古株の大井岩鉄(おおい・がんてつ)から、ストライキ中の労働組合員を会社から命がけでしめだす、ロックアウトという仕事だと教えられてビビってしまう。その後、学生達の力自慢で、岩鉄は自分が青田赤道(あおた・あかみち)の顔にキズをつけたのだと言い出して……!?

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

ノックアウトという謎の四日間アルバイトに行くことになった富山(とみやま)達は、バスに乗せられて他の学生達であふれかえる控え室に連れてこられる。そこで、バイト内容に不安を感じる新入団員・友田(ともだ)は、古株の大井岩鉄(おおい・がんてつ)から、ストライキ中の労働組合員を会社から命がけでしめだす、ロックアウトという仕事だと教えられてビビってしまう。その後、学生達の力自慢で、岩鉄は自分が青田赤道(あおた・あかみち)の顔にキズをつけたのだと言い出して……!?

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

私がはじめて青田赤道に遭遇したのは、町の秋祭りでのこと。確か10歳前後の頃でしたから、ずいぶん昔の話です。往年のマンガファンにお馴染みの青田赤道とは、『嗚呼!! 花の応援団』の主人公・南河内大学応援団本部親衛隊隊長のことです。その青田が、神輿(みこし)を煽(あお)る巨大ウチワにドーンと描かれていて、その圧倒的な迫力が子供心にも強烈な思い出となって残っています。やることすべてが破天荒の青田ですが、愛嬌もあって、その強烈なキャラクターが当時の若者を虜にしたようです。青田は、バンカラ姿で肉体言語を駆使し、絶対の上下関係で構成される応援団という組織で活き活きとして大暴れを繰り返します。草食系がもてはやされる現代の若者像とは正反対の世界かもしれません。なんだか、世の中からはみ出る人物をあまり見かけなくなった昨今、同書を読むと小さなことにとらわれることから解放されます。活力を注入してもらった気分になりますよ!!
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。