図解 不動産証券化とJ-REITがわかる本

1760円 (税別)

獲得ポイント 18pt (1%還元)

不動産証券化の歴史・仕組み・テクニックとインフラ・法制度・問題点、ファンドやJ-REITの動向や最新のケーススタディもふんだんに盛り込み徹底解説。本書は、これから仕事で不動産証券化に係る人やJ-REITに興味がある人が、不動産証券化について短時間で正しい知識を身につけられるよう、簡潔で丁寧な解説に力を入れています。しかし、それだけでなく、経験のある実務者が読んでも、知識・情報の整理に役立つ内容を多く取り入れています。前半は、気軽に読みながら不動産証券化の概略をつかめる構成にしています。複雑な部分は、図や表を多く取り入れています。後半は、実務に必要な専門的な解説も集めています。金融商品取引法については、不動産証券化に関係する部分にフォーカスし、解説を充実させています。また、ケーススタディでは、証券化されたビルが次々と仕組みを変化させながらマーケットの中で流通していく姿を追跡してまとめました。2020年東京オリンピックも決定し、復調しつつある不動産マーケットへのさらなる好影響も期待されています。不動産証券化・J-REIT関係者、これから携わる方から関心のある方まで、まず一番はじめに読んでいただきたい本です。【主な内容】第1章不動産証券化の歴史第2章不動産証券化の仕組み第3章不動産証券化に係るテクニックとインフラ第4章不動産ファンドの動向1第5章不動産ファンドの動向2第6章不動産ファンドの動向3第7章不動産証券化を支える法制度第8章オリジネーターから見た会計上の留意点第9章不動産投資を理解する判断指標第10章不動産証券化のケーススタディ第11章欧米に学ぶ不動産証券化の問題点第12章不動産の環境対応

立ち読み(12ページ)

カゴに追加 1760 円(税別)

不動産証券化の歴史・仕組み・テクニックとインフラ・法制度・問題点、ファンドやJ-REITの動向や最新のケーススタディもふんだんに盛り込み徹底解説。本書は、これから仕事で不動産証券化に係る人やJ-REITに興味がある人が、不動産証券化について短時間で正しい知識を身につけられるよう、簡潔で丁寧な解説に力を入れています。しかし、それだけでなく、経験のある実務者が読んでも、知識・情報の整理に役立つ内容を多く取り入れています。前半は、気軽に読みながら不動産証券化の概略をつかめる構成にしています。複雑な部分は、図や表を多く取り入れています。後半は、実務に必要な専門的な解説も集めています。金融商品取引法については、不動産証券化に関係する部分にフォーカスし、解説を充実させています。また、ケーススタディでは、証券化されたビルが次々と仕組みを変化させながらマーケットの中で流通していく姿を追跡してまとめました。2020年東京オリンピックも決定し、復調しつつある不動産マーケットへのさらなる好影響も期待されています。不動産証券化・J-REIT関係者、これから携わる方から関心のある方まで、まず一番はじめに読んでいただきたい本です。【主な内容】第1章不動産証券化の歴史第2章不動産証券化の仕組み第3章不動産証券化に係るテクニックとインフラ第4章不動産ファンドの動向1第5章不動産ファンドの動向2第6章不動産ファンドの動向3第7章不動産証券化を支える法制度第8章オリジネーターから見た会計上の留意点第9章不動産投資を理解する判断指標第10章不動産証券化のケーススタディ第11章欧米に学ぶ不動産証券化の問題点第12章不動産の環境対応

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。