小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか

3600円 (税別)

獲得ポイント 36pt (1%還元)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。小泉政権では、官邸主導で経済政策が決められた、という通説がある。本書では、不良債権処理、予算編成、税制改正の政策決定過程を分析し、この通説を批判的に検討するとともに、小泉・竹中両氏が、自らの理念に沿った経済政策をどの程度実現しえたかを検証する研究書。【主な内容】第1章 小泉改革は揺らぐことなく進んだのか――構造改革と官邸主導の政策決定第2章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(1)政策過程第3章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(2)分析第4章 官邸主導の予算編成はどこまで実現したのか――予算編成の政治学第5章 経済財諮問会議はなぜ税制改革に失敗したのか――税制改正の政治学など。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 3600 円(税別)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。小泉政権では、官邸主導で経済政策が決められた、という通説がある。本書では、不良債権処理、予算編成、税制改正の政策決定過程を分析し、この通説を批判的に検討するとともに、小泉・竹中両氏が、自らの理念に沿った経済政策をどの程度実現しえたかを検証する研究書。【主な内容】第1章 小泉改革は揺らぐことなく進んだのか――構造改革と官邸主導の政策決定第2章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(1)政策過程第3章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(2)分析第4章 官邸主導の予算編成はどこまで実現したのか――予算編成の政治学第5章 経済財諮問会議はなぜ税制改革に失敗したのか――税制改正の政治学など。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか
  • 著者名: 著:上川龍之進
  • eBookJapan発売日: 2013年12月20日
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 356ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 83.2MB
  • 関連ジャンル: 専門書 政治・経済
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。