書籍の詳細

アニメ版の主人公ルルーシュに代わり、妹のナナリーがナイトメアで世界を駆ける!アニメ版と世界観を共有しつつも、まったく新しい物語を展開。原作ファンならずとも唸る、美少女SFアクションの決定版。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ギアス能力がインフレ気味
    アニメ版でも漫画版「コードギアス 反逆のルルーシュ」でも、目が見えないゆえに無力で争いには一切関わらないけど常にルルーシュの戦いの動機付けの中心にいた象徴的な人物、妹のナナリー。そのナナリーがまさかの主役。本編以上に様々なギアス能力が登場し、少々ギアスというものがインフレし過ぎ、ギアスが表に出て活躍しすぎ。基本的な世界観やキャラは引き継いでいるけど、秘密の能力ギアスを活かした駆け引き・心理戦・陽動が面白かった本編の魅力がだいぶ失われているなぁと感じてしまった。本編コミカライズ「コードギアス 反逆のルルーシュ」では最終巻前までは非常に面白かったが、最終巻になりギアスの真実・ブリタニア皇帝の真の目的が明かされた辺りで、話が壮大になり過ぎぶっ飛んで、正直ラストに向けては面白みにかけた。そのぶっ飛んだ世界観・世界観がストーリー全編に渡って続く感じがある。ナナリーやユーフェミアの活躍を見られるのは嬉しいけどね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月12日