書籍の詳細

【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】紀元前11世紀の中国、殷(いん)の時代末期。崑崙山脈(こんろんさんみゃく)の仙人・太公望(たいこうぼう)は、悪しき仙人・道士を封印する「封神計画」という任務を受ける!殷の皇帝・紂王(ちゅうおう)を誘惑して暴虐の限りを尽くす仙女・妲己(だっき)を、太公望は真っ先に封神しようとするが…!?

総合評価
4.8 レビュー総数:5件
評価内訳

封神演義のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    間違いなく名作
    小学生のときに読み始めて夢中になりました。独特の絵なので避けられそうですが、よく見ると背景が丁寧に書き込まれていて迫力があります。どのキャラクターも魅力的で、ストーリーの展開が読めず、読み始めると止まりません。
    人間関係や生き方など深く考えさせられ、二十代後半となった今でも心に残っています。特に楊戩と玉鼎、太公望と普賢、聞仲と飛虎のエピソードが涙腺にきました。忘れられないシーンがこれほど沢山ある漫画は他になく、終わり方も素晴らしかったです。
    もちろん大人買いしたものの、表紙が美しくて一気に読める完全版の電子書籍があればなぁ…と思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月23日
  • 秘湯混浴刑事エバラ ★コラボフェア★
    藤崎竜は、サイコプラスやサクラテツ等、ジャンプらしからぬ(?)個性が際立つ作品が多く、大好きな作家です。
    一方、いわゆる出世作となったこの作品は、ふじりゅー節満載、かつ、普通にバトルモノとして読んでも大変面白いマンガ。
    太公望が悪いヤツと闘いつつ、時折、意味不明な展開が飛び出します。
    秘湯混浴刑事エバラってなんですか(謎)。
    バトルも、バチバチやりあって勝つというより、微妙に卑怯な手を使ったり、搦め手で勝っていくあたりがとてもいい感じ。
    終盤に哲学的な展開になるところも大変素晴らしいです。
    一気読みのススメ。
    • 参考になった 10
    投稿日:2016年06月16日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    はじめてハマった漫画
    2巻の時点でラスボスの名前が出ていたりと、伏線をきれいに回収して広げた風呂敷を畳みきった素晴らしい作品です。
    そして出てくるキャラが全て魅力的。主人公である太公望はもちろん、確固たる信念を持つ聞仲は敵といえどかっこいいし、妲己はジャンプ史上最強・最凶のヒロインだと思います。
    絵は好き嫌いがあるかもしれませんが、最高に面白いのでぜひ読んでみてください!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月24日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    中国の歴史ある壮大な読み物を独自の世界観で描かれていて、特に個性的なキャラがたくさん出てくるのが面白いです!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月23日
  • ジャンプ大人気作品の一つ
    話もキャラクターも個性的で、フジリュー独特のセンスです。
    原作知らなくてももちろん面白い。次々と魅力的な仲間が増えていくのがいい。
    個人的にはジャンプで一番好き!
    なお恋愛要素はないです。けど太公望という主人公にどっぷりハマりました。
    終わってほしくない、もっと続きが読みたい、だけど綺麗に最後終わったかと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月16日