国際紛争はなぜ起こるのか?冷戦後の国際秩序の形成とシリア紛争への対応

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

1まえがき............................................................32冷戦後の国際紛争に関する不適切な認識あるいは整理の不徹底............5(1)ユーゴ紛争(I)-民族間の闘争が必然であったことについて..........51基本的な誤り-民族・宗派の自文化・価値への執着に対する認識不足................52やや詳しい説明-民族はなぜ一定の条件下で争わなければならないのか。.........83第二次大戦後の国際規範、なぜ近年民族紛争が多発したか..................164これまでの整理の不適切(民族・宗派が争わざるを得ないことへの認識不足)の結果.......................................................................................................20(2)ユーゴ紛争(II)-介入は単に人道のためだけではないこと...........25(3)イラク戦争(I)-国際秩序、国連決議との関係など.................291前提として2点の誤りの確認.................................................................292国連決議との関係をどのように捉えるべきか........................................373併せて大量破壊兵器の問題について......................................................49(4)イラク戦争(II)-主要民族(宗派)の合意したルールの下での共存...523シリア紛争はじめ国際紛争への今後の対応について.....................60(1)国際秩序と「民族」、「宗派」の本質を踏まえた関与の必要性.........60(2)対話による解決の試み.............................................62(3)軍事介入を念頭に置いた解決を図る場合(2つの重要な判断).........63(4)介入に際しての基本的な考え方.....................................64おわりに...............................................................66

カゴに追加 300 円(税別)

1まえがき............................................................32冷戦後の国際紛争に関する不適切な認識あるいは整理の不徹底............5(1)ユーゴ紛争(I)-民族間の闘争が必然であったことについて..........51基本的な誤り-民族・宗派の自文化・価値への執着に対する認識不足................52やや詳しい説明-民族はなぜ一定の条件下で争わなければならないのか。.........83第二次大戦後の国際規範、なぜ近年民族紛争が多発したか..................164これまでの整理の不適切(民族・宗派が争わざるを得ないことへの認識不足)の結果.......................................................................................................20(2)ユーゴ紛争(II)-介入は単に人道のためだけではないこと...........25(3)イラク戦争(I)-国際秩序、国連決議との関係など.................291前提として2点の誤りの確認.................................................................292国連決議との関係をどのように捉えるべきか........................................373併せて大量破壊兵器の問題について......................................................49(4)イラク戦争(II)-主要民族(宗派)の合意したルールの下での共存...523シリア紛争はじめ国際紛争への今後の対応について.....................60(1)国際秩序と「民族」、「宗派」の本質を踏まえた関与の必要性.........60(2)対話による解決の試み.............................................62(3)軍事介入を念頭に置いた解決を図る場合(2つの重要な判断).........63(4)介入に際しての基本的な考え方.....................................64おわりに...............................................................66

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。