ツジトモ 原案・取材協力:綱本将也

講談社

ジャンル:青年マンガ

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2016年05月23日

  • セット割
  • 紙と同時
平均評価(4.7 レビューを見る
  • セット割
  • 紙と同時
平均評価(4.7 レビューを見る

GIANT KILLING 40巻の内容

今だけ無料で読めるキャンペーン実施中!

シリーズ書籍一覧 54冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

GIANT KILLING 40巻の詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

GIANT KILLING

主人公・達海猛(たつみ たけし)は、日本のプロサッカークラブ「EAST TOKYO UNITED(イースト トーキョー ユナイテッド)」の監督。万年降格候補と言われ続けている古巣に監督として帰ってきた達海は、様々な工夫で上位チームにジャイアントキリング=番狂わせを挑む――。監督、スタッフ、フロント、そしてサポーターたちなど、サッカー漫画の世界では取り上げられることのなかった人々を丁寧に描き、読者の支持を得てきました。サッカーのみならず、組織を上手く動かしたいビジネスマンにもオススメです。

書店員のレビュー

一覧を見る

組織として結果を出すために、組織を統率するリーダーに必要な資質とは何か?経営者、部長、課長、バイトリーダー等役職のレベルの違いはあれ、仕事で責任を持つ立場になったタイミングで、誰しも考えるのではないでしょうか?積み重ねた経験、決断する意思、豊富な知識、詳細に分析する能力などが頭に浮かびますが、もっと基本的なことがあることを気づかせてくれたのがこの作品です。低迷が続いているかつて所属していたプロサッカーチームの監督に招聘された達海猛。組織として結果を出すために達海猛が行ったことは選手・スタッフ・サポーター・スポンサーなど携わる人々すべてに対して「関心」を持つことでした。「関心」を持つことで、それぞれの人々の思考・感情・プライドを知り、組織を統率していきます。「関心」の持ち方、それを活かす手法などビジネス書では得られないマネジメント実践方法を学べる作品です。(2012/12/28)
  • 参考になった 5

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2018年05月15日

読むのが遅れてごめんなさいって言える作品。

だいぶ前からタイトルは知ってました。面白いって噂も知ってました。
ただ巻数もけっこう出ちゃってたし、ホントなんとなく読んでなかったんです。
読んだら純粋に面白い。純粋にって言うかめちゃくちゃ面白い。
読むのが遅れてごめんなさい(笑)
自分と同じような人がいたら是非読んでほしい。
内容の説明とかいらんでしょ。
読んで損はしませんから(笑)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。