書籍の詳細

クリストファー・ロイド伯爵のもとで暮らすため渡英した孤児の久住優希は、優しい彼にいつしか恋心を抱くようになる。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

天使の贖罪のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    主人公の気持ちについていけません
    長年支援してくれた足長おじさんの元に、高校進学とともに身を寄せる主人公。二人は会うなり惹かれあい…。障害を乗り越えて結びつく、という貴族との身分違いものです。
    残念なのは、最初から最後まで、二人の気持ちについて行けずにあっというまにエンディングとなったことです。特に足長おじさんの、過去から現在までの気持ちの変化を理解出来なかった…どうして、親の敵である主人公を好きになれるのか!?納得出来ません。
    いまいち、気持ちが盛り上がる前に読み終えたので、星二つ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年07月24日