書籍の詳細

笠井亨は同窓会で、元親友の遠藤圭祐と十年ぶりに再会した。ゲイの友人を遠藤が不登校に追い込んだことで仲違いしていた二人は、また高校時代のような気の置けないつきあいを始める。だが笠井は偶然、遠藤がずっと自分を好きだったことを知ってしまった。友達でいいとすがる遠藤を、表面上は受け入れる笠井。しかし執着と欲望を隠そうともしない遠藤に苛立ち、彼の前から姿を消すが……。ノベルス未収録作と書下ろしを加えた新装版。麻生ミツ晃先生の口絵・挿絵収録。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

あの日、校舎の階段で 新装版【イラストあり】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 秀作
    怖い攻めの作品はいくつか読んだが、そのなかでも余韻の残る甘さのある秀作。同じ高校で同じ天文学部に所属する遠藤と笠井。笠井と同級の及川が笠井に好意を伝え、友情を深める。及川の笠井への好意を知った遠藤は周囲を煽り及川を不登校へ陥れてしまう。及川の不登校の原因が遠藤にあると知り、遠藤に絶縁宣言をする笠井。それから10年後、遠藤はある意思を持って再び、笠井に近づく。…ここからが凄い。読んでいて萌えながら胃も痛む。怖いんだけど、すっごく可愛い。この決着のつけ方、素晴らしい!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月16日