書籍の詳細

なぜ「部下の相談」に乗ってはいけない?――60歳でライフネット生命保険を起業・成功させた著者が、部下マネジメント論を展開!“任せたいのに、任せられない”と嘆く人への特効薬。あなたの仕事をラクにする本。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書「プレーイング・マネージャー」になってはいけないのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 60歳で起業、最強のチームをつくりあげた「マネジメントの原理原則」
    「マネジメント」とは、突き詰めると「人を使うこと」であり、社会がどの方向に変化しているかを見極め、変化に適した人材に「任せる」ことが重要だと著者はいう。では、どうやって人を使えばいいのか? どうやって人に任せればいいのか? 本書では、「人をどのように使い」「どのように任せて」「どのように組み合わせて」いけば強いチームができ上がるかについて考えるうえでのヒントが提供されている。著者は、ライフネット生命保険株式会社の代表取締役会長兼CEO。同社は、著者が60歳で起業して東証マザーズ上場を果たし、30代のパートナーとの「2トップ体制」により「100年後には世界1位のグローバル保険会社になろう」というビジョンのもと躍進を続けている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年01月09日