生物と細胞 細胞説をめぐる科学と認識

1840円 (税別)

獲得ポイント 19pt (1%還元)

科学的認識はどのようにして成立していくかを生物学の基本といえる〈細胞〉概念の過程にそって検証。その成果を適用して,生物の分野で初めて作られた仮説実験授業の授業書《生物と細胞》の最新版を完全収録。細胞説という科学の原理原則を楽しく学べます。「何をするにも目的意識が決定的に大事」「たのしい研究にはその成果を喜んでくれる仲間が必要」……といった,研究の本質と楽しさが伝わってくる研究物語も。★★もくじ★★〔1〕授業書《生物と細胞》1.生物と細胞2.細胞と生物〔2〕《生物と細胞》研究物語1.なぜ「細胞説」を研究したのか2.〈細胞の発見〉から〈細胞説の提唱〉まで3.いくらきれいなスケッチをしても細胞説は提唱できない4.授業書案検討会まえ&あと5.〈赤血球〉の語源を調べる※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。

立ち読み(12ページ)

カゴに追加 1840 円(税別)

科学的認識はどのようにして成立していくかを生物学の基本といえる〈細胞〉概念の過程にそって検証。その成果を適用して,生物の分野で初めて作られた仮説実験授業の授業書《生物と細胞》の最新版を完全収録。細胞説という科学の原理原則を楽しく学べます。「何をするにも目的意識が決定的に大事」「たのしい研究にはその成果を喜んでくれる仲間が必要」……といった,研究の本質と楽しさが伝わってくる研究物語も。★★もくじ★★〔1〕授業書《生物と細胞》1.生物と細胞2.細胞と生物〔2〕《生物と細胞》研究物語1.なぜ「細胞説」を研究したのか2.〈細胞の発見〉から〈細胞説の提唱〉まで3.いくらきれいなスケッチをしても細胞説は提唱できない4.授業書案検討会まえ&あと5.〈赤血球〉の語源を調べる※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 生物と細胞 細胞説をめぐる科学と認識
  • 著者名: 著:宮地祐司
  • eBookJapan発売日: 2013年12月06日
  • 出版社: 仮説社
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 242ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 39.4MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 教養・カルチャー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。