レビューはありません
丹波布に魅せられたひと

国の重要無形文化財である「丹波布」は民芸運動の中心人物・柳宗悦によって名付けられた。兵庫県の山間の村、丹波の佐治で「しまぬき」と呼ばれ、明治の半ば頃まで盛んに織られていたが、紡績糸の出現や機械織機に押され、すっかり廃れてしまい、昭和初期には「幻の布」と呼ばれるようになっていた。足立康子さんは、嫁ぎ先の蔵の中で「天保六年の縞帳」を見つけ、そのモダンな縞に魅せられる。昭和29年、佐治の有志は丹波布復興協会を結成し復興丹波布を織り上げること成功する。そして、康子さんたちがその技術を習得することにより丹波布は復興を実現した。しかし、せっかく復興を実現できてもそれを後世に伝えることができなければ、また消滅してしまう。なかなか現れない継承希望者、高齢化する復興実現当時の仲間たち、そんな困難の中、康子さんは、58年間、復興した丹波布の古法を守り、技術の保存と継承に力を尽くした。その努力はやがて実を結び、夢の丹波布伝承館がオープンする。本書は、先人から受け継いだ復興丹波布の技術を何とかして後世に残そうとする足立さんたちの必死な姿をドキュメンタリーで伝え、また、国の無形文化財に指定された丹波布の特徴や魅力、丹波布と丹波木綿の違いなどにも言及する。

  • 1400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 14pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。