書籍の詳細

ヴィクトリア女王の遠縁の伯母の元で暮らすピュティア。ある日従姉に、バルターニャ国王との政略結婚の勅命が下る。心に決めた相手のいる従姉に代わり、彼女は身分を偽ってアレクシオス国王の元に嫁ぐことに。一方、若き国王は運命に翻弄される自身を憂えて固く心を閉ざすが、次第に心を開き始め…!?圧倒的熱量で描き出される珠玉のロマンス、ここに開幕!収録作品:バルターニャの王妃

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

バルターニャの王妃のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • バルターニャの王妃
    「さいとうちほ先生に海外ロマンスをぜひ描いてほしい!!」そんな読者さまの声をいただき続けて数年。先生が満を持して『別冊ハーモニィRomance』の新装刊号に描いてくださったのが、この歴史王室ロマンス『バルターニャの王妃』です。従姉の身代わりに見知らぬ国の国王に嫁いでいく主人公ピュティアが健気で、当時、原稿の枚数をチェックしながらボロ泣きした(←後輩が隣で引いていた)のを覚えています。政略結婚したピュティアは、それでも(実は超イケメンの)国王陛下と愛し合えるのか? 美しくて感動必至なこの大作、ぜひ皆様も味わってください♪
    投稿日:2014年08月29日