書籍の詳細

敏腕マネージャーと野球部の仲間たちが甲子園を目指して奮闘する青春小説。高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんは、マネージャーの仕事のために、ドラッカーの『マネジメント』を間違って買ってしまいます。はじめは難しくて後悔するのですが、しだいに野球部のマネジメントにも生かせることに気付きます。これまでのドラッカー読者だけでなく、高校生や大学生、そして若手ビジネスパーソンなど多くの人に読んでほしい一冊。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 経営管理(マネジメント)の基礎を、身近な部活の青春模様とともに学べます。

    全く動いていなかった野球部を、これまた「マネジメント」のマの字も知らない女子マネージャーが、
    ピーター・ドラッカーの『マネジメント』という名著に出会い野球部を甲子園へと導いていくというストーリーです。

    野球部の事業とは何か?
    野球部の顧客とは?
    野球部員間の人材マネジメント。
    高校野球界とイノベーション。

    言葉こそ難しいですが、高校生が甲子園へ行くという夢に向かって議論し、仮説をたて行動し、そして成功へ近づいていく、
    という展開を物語を通じて楽しめるんです。

    読み終わる頃には、難しい経営用語や理論はわからなくてもマネジメントの基礎、そして面白さが伝わってくるはず!
    ぜひ、多くの方に読んでもらいたいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月23日