僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。

760円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

いま日本に、世界から注目を集めるバイオベンチャーがある。名は、株式会社ユーグレナ。「ミドリムシ」の大量培養技術を核に、世界の食料問題、エネルギー問題、環境問題を一気に解決しようと目論む、東大発ベンチャーだ。そのユーグレナを創業した出雲充氏が、起業に至る7年と、起業してからの7年を初めて語る。

カゴに追加 760 円(税別)

いま日本に、世界から注目を集めるバイオベンチャーがある。名は、株式会社ユーグレナ。「ミドリムシ」の大量培養技術を核に、世界の食料問題、エネルギー問題、環境問題を一気に解決しようと目論む、東大発ベンチャーだ。そのユーグレナを創業した出雲充氏が、起業に至る7年と、起業してからの7年を初めて語る。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

スペシャルレビュー

エネルギーの枯渇、地球温暖化、食料・栄養不足など、人類に解決が迫られる問題を一挙に解決するものとして、いま注目を集めつつあるのが「ミドリムシ(学名:ユーグレナ)」である。培養が難しいために実用化に至らなかったミドリムシだが、2005年に創業した日本のバイオベンチャー・株式会社ユーグレナが、同年世界で初めて大量培養に成功する。本書では、ミドリムシのビジネス化に成功し、2012年12月に東証マザーズへの上場を果たした同社の創業者・代表取締役社長が、成功までの経緯を振り返り、ミドリムシの可能性と事業の展望、起業から学んだことなどを語り尽くしている。著者は2012年、Japan Venture Awardsで大賞にあたる「経済産業大臣賞」を受賞、同年世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が選出する「ヤング・グローバル・リーダーズ2012」に選出されている。ユーグレナは現在食品や化粧品などで事業化を果たしており、ミドリムシを原料とした航空機のジェット燃料の開発にも取り組んでいる。
書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。