“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す

100円 (税別)

獲得ポイント 1pt (1%還元)

2009年3月期、7873億円の最終赤字を計上し、ドン底を味わった日立製作所……。それが今や、二年連続で過去最高益を記録している。その背景には、経営陣による大きな改革がある。会長の川村隆氏が1年で再建の土台を固め、後継者の中西宏明社長が軌道に乗せた。中西社長は、それまでの日立ではタブー視されていたような、考えられないほどの超ド級の経営判断を続けている。IT事業から原子力発電プラント、鉄道、建設機械に金融事業まで920社もの連結子会社、32万の従業員を抱える超巨大な集合体、日立。変貌の“内幕”と、目標とする“真のグローバル企業”との距離感をえぐり出す。「週刊ダイヤモンド」(2013年01月05日号)の第二特集「“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す」を電子書籍化しました。雑誌の他のコンテンツは含まれずレポートだけを電子化したため、お求めやすい価格になっています。

カゴに追加 100 円(税別)

2009年3月期、7873億円の最終赤字を計上し、ドン底を味わった日立製作所……。それが今や、二年連続で過去最高益を記録している。その背景には、経営陣による大きな改革がある。会長の川村隆氏が1年で再建の土台を固め、後継者の中西宏明社長が軌道に乗せた。中西社長は、それまでの日立ではタブー視されていたような、考えられないほどの超ド級の経営判断を続けている。IT事業から原子力発電プラント、鉄道、建設機械に金融事業まで920社もの連結子会社、32万の従業員を抱える超巨大な集合体、日立。変貌の“内幕”と、目標とする“真のグローバル企業”との距離感をえぐり出す。「週刊ダイヤモンド」(2013年01月05日号)の第二特集「“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す」を電子書籍化しました。雑誌の他のコンテンツは含まれずレポートだけを電子化したため、お求めやすい価格になっています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。