書籍の詳細

学園都市に新設された少年院が舞台のイベント、「脱獄トライアル」。最新鋭の防衛システムをかいくぐって囚人役を脱獄させた挑戦者には、賞金十億円が贈られるという。美琴は黒子・初春・佐天とともにこのイベントに参加することにしたのだが、防衛システムはなかなか厄介なシロモノばかり。しかもトライアルには様々な勢力が、各々の思惑を持って参加していて……。

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 御坂美琴視点での物語
    一応禁書目録の方も読んでますが自分的にはこっちの方が好きです。当麻(男性主人公)もしっかり登場してきます。インデックス(禁書目録の方の主人公)の位置が美琴に代わる感じだと思って貰えればいいかと。本編(禁書目録)の方を読んでなくても全然問題なく読み進めていけます。
    あらすじとしては、学園都市という街では能力者の開発が行われており能力者達はレベル0〜5に分けられており主人公の御坂美琴は学園都市に7人しかいないレベル5の第3位の電撃使い。その御坂美琴がいろいろな事件に遭遇したり日常生活やちょっと気になる人とのやりとりなどバトルだけでなく日常回を混ぜることで全く飽きません!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年10月16日
  • 匿名希望
    外伝ではあるが本編より好き
    本来「とある魔術の禁書目録」の外伝で、御坂美琴が主役になったスピンオフ作品だが、こっちのほうがストーリーもキャラも面白い。主人公の御坂美琴が学園都市の暗部とシリアスなバトルを繰り広げるストーリーも迫力・テンポ感があって面白いが、シリーズ間のほのぼのとした日常系の回もまた面白すぎだし各キャラが可愛すぎ。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月08日