書籍の詳細

3年前、4月最後の雪が降ったその日、たったひとりの姉が死んだ。婚約者を残して――。亡き姉の婚約者だった英司に片思いをしている旭。英司が自分を甘やかすのも、優しくするのも、全部姉の代わりだとわかっていた。思いを伝えられなくても、恋が叶わなくても、ただ側に居られるだけで良いと思っていたのに…。哀しく優しい春の雨をくぐり抜け、英司と旭が辿り着く先は……?切なさが胸を締め付ける、感動の恋物語。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

春雨トンネルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 切なくてあったかくて涙が…
    面白かったです。
    表題作ともう1話。
    表題作は、死んだ姉の優しい婚約者と彼に想いを寄せる活発な高校生。
    少し暗めのテーマですが、キャラクターに皆人間味があって、じめじめした感じはなく、読みやすかったです。
    死んでしまったお姉さんがステキなひとだし(回想シーン)、主人公の友人も明るくて偏見のないすごくいい子。
    主人公と想い人以外のキャラクターも魅力的だと面白みが増しますねぇ。
    人の気持ちはそんなにすぐには変えられないけど、立ち止まっているばかりじゃなくて、先に進むことでやってくる幸せ…。
    その後のエピソードも付いていました。かわいい。
    もう1話は、刑事×人の心の声が聞こえてしまう男の子。
    短いですがよくまとまっていて(上からスミマセン)、可愛らしさもあり、きゅんとしました。特に心の声が聞こえる男の子が可愛くて可愛くてこりゃパクッといきたくなっちゃうよ…。
    どちらの作品も、重要な場面での登場人物たちのセリフにグッときました。
    正直、100円のキャンペーンが無ければ購入していませんでしたが、見つけて良かった!と思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年10月23日