書籍の詳細

7年前、お前は俺を抱いた。でもそれっきり俺たちは、あの夜を忘れた『親友』の振りをし続けている…。近くにいるからこそ相手の本心がわからない迷路。でも触って、見て、ぶつけてほしい。あらゆる欲望が混在するその想いは、言葉にしたら「愛」なんだろう?特別な想いを込めた短編集。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

タッチ・ミー・アゲインのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ①「タッチ・ミー・アゲイン」粗暴な攻×内気な受 ②「息を止めて、」嫉妬の攻×ソツのない受 ③「Candied Lemon Peel」オカマな攻×コンプレックスの受…などなど、バラエティに富んだ短編集です。どの作品も、攻が個性的というかなんというか…軽くDVだったり、ノイローゼの変態だったり、いきなり目隠しプレイを強要するドSの変態だったり…と攻の愛が極端に重過ぎです(笑) そして外見が「逆」の受攻が多いですね。オヤジ受や強面受など。でも受は受、攻は攻の性格をしているので、苦手な人でもすんなり受け入れてしまえると思います。そして読んでいると本当に受が可愛く見えてくる不思議。これぞヤマシタ・マジック! 表題作「タッチ・ミー・アゲイン」は8ページのショート×全5話を繋げた短編作品。1話8ページという短さの中で、7年前に一度だけ関係を持った『親友』二人それぞれの視点が交互に、丁寧に描かれています。ストーリーというよりは心象で読ませる作家さんなので、特に繊細な心理描写は秀逸で、独白の痛々しさには胸が締め付けられました。切なさで、何度涙腺が緩んだことか…。言葉の表現が素晴らしく、素直に心に響きます。実在する人物のようにリアリティあるセリフと会話のテンポの良さ、キャラクターの表情や仕草、明るさとギャグセンスも抜群で、それぞれのバランスが絶妙です。ピュアな想いと即物的な欲望が渦巻く、特別な想いを込めた「愛」あふれるヤマシタトモコさん珠玉の作品集をぜひご覧下さい!
    • 参考になった 4
    投稿日:2011年03月25日