書籍の詳細

「翔太があたしの子じゃない!?」大橋ゆう子は出産時の取りちがえ疑惑を、突然訪れた弁護士から聞かされる。それが事実なら、5年前に夫をなくしてから心の拠りどころにしていたわが子を失うことになる。迷った末の検査は…。そんな時、実母と名のる北村絵里香が会いにきて、彼女の育てた空という子供の事を語り…。人間の絆と愛の強さをテーマにした珠玉の物語集!!収録作品:空への約束/冬の柊/夏の落日、遠き影/群青色の24時間

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

空への約束のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 愛する子どもが、もし、血のつながらない他人の子だと分かったら? そして、本当の親から「返せ」と言われたら……? 子どもが生まれて間もなく夫を亡くしたゆう子。残された子どもの笑顔が救いだった。やがて息子の翔太が、小学生になったばかりのある日のこと、突然、訪ねてきた弁護士に、翔太は病院で取り違えられた他人の子なのだと知らされる。そして、翔太の実の親もまた、辛い過去を抱えていることを知ったゆう子。どっちが子どもにとってよいことなのか? 苦しみの末に、ゆう子がたどり着く答えは…!? 表題作「空への約束」に涙ボロボロです。。。親子の絆に胸が熱くなる珠玉の作品。「あなただったらどうする?」という問いを突き付けられるようで、ほんとうに切なくなります。(2011/10/18)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年10月18日