書籍の詳細

謎の『名簿』を賭け、羽鳥と対局することになったK。しかし、羽鳥5万点、K3万点の持ち点で、点棒の代わりに1人6千点×5人の命という絶対的に不利なルールであった!!大人気麻雀バトル・コミック新シリーズ!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

凍牌~人柱篇~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 人死に多数で興冷め
    無印「凍牌」から話は続いており、タイトル通り「人柱」を使って負けると人質が死んでいく究極の裏社会麻雀。
    無印「凍牌」以上に麻雀自身はトンデモ麻雀なので、あり得ないバカツキツモ連発、役満連発。
    それよりも、エグい表現が少なくなかった無印「凍牌」以上に、直接的に人が死ぬ・殺されるシーンが頻発し、負ければ主人公自身も死ぬ極限の戦い。
    それが見どころの作品だろうが、ちょっといくらなんでも現実から乖離し過ぎだと思い、最新刊に行くにつれて興冷め中。収拾つくの?
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月19日