【完結済み】デスハンター 1巻

原作:平井和正 作画:桑田次郎

ジャンル:少年マンガ

300円 (税別)

3ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2013年12月17日

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る

デスハンター 1巻の内容

シリーズ書籍一覧 4冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

デスハンター 1巻の詳細

  • 書籍名: デスハンター 1巻
  • 著者名: 原作:平井和正 作画:桑田次郎
  • eBookJapan発売日: 2013年12月17日
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 207ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 23.2MB
  • 関連ジャンル: 少年マンガSFアクション
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書店員のレビュー

一覧を見る

SF作家の大御所として知られる平井和正ですが、小説家として本格デビューする前は漫画原作を手がけていました。パートナーとなる作画は、当時『月光仮面』(原作:川内康範)を連載し終えて間もない桑田次郎です。平井&桑田の黄金コンビによる作品は大ヒット作『8マン』をはじめ、『エリート』『超犬リープ』がありますが『デスハンター』の出来栄えが、今でも少しも色あせていないその質の高さに驚くばかりです。ジャンルは書名から想像できる通り、サバイバルホラー。平井のサバイバルホラーといえば、小説『死霊狩り』(ゾンビー・ハンター)が有名ですが、先に発表したこの漫画原作の『デスハンター』がベースとなっているようです。物語は、強靭な体力を持つ元レーサーの田村が他の屈強な若者と一緒に、カリブの島でサバイバルテストを受けるところから始まるのですが、その目的が「デスハンター」としての能力を試すことだったのです。地球外生命体である「デス」は人間に憑依して、周囲の地球人を殺戮するという恐ろしい生物。厄介なのは、外見からはデスが憑依しているかどうかの区別がつかないこと。デスハンターの仲間や恋人、家族に対して疑いの眼差しを向けなくてはならない田村は苦悩するのですが…。デスハンターは人類を守れるのでしょうか…驚きの結末が用意されています。サバイバルホラーの原点ともいうべき名作です。(2014/1/10)
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。