書籍の詳細

22歳の漫画家・村岡栄は、青年漫画を描くことを決意し、師事していた児童漫画家から独立する。だが、編集者からお色気シーンを多く入れるべきと言われ、目指す作品との違いに悩む。三畳の狭い部屋のアパートで4人の若者と共同生活をする村岡たちは、絵に描いたような貧乏暮らしなのだが、村岡たちは夢を捨ててはいなかった…!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

黄色い涙のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    「若者たち」と同一内容です
    書店から消えてしまった永島作品が、安価に入手できるのは大変ありがたく思っています。
    しかし、これはない。
    映画「黄色い涙」が公開された際に、原作である「若者たち」がこのタイトルで改題再刊されました。
    確認のため購入しましたが、やはり同一内容です。
    「若者たち」を購入済みの方はご注意。それ以外の永島ファンにはおすすめ。
    作品自体は良作ですから星四つ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年01月11日