キャッシュマネジメント入門―グループ企業の「資金の見える化」

2560円 (税別)

獲得ポイント 26pt (1%還元)

入門書の決定版リスクマネジメント、税務戦略、運転資本管理、資金調達、人材、ネットワーク……関連するポイントもすべて網羅。キャッシュマネジメントとはなにか?キャッシュフローと、それに伴い発生する資金の過不足(資金ポジション)を効率的にマネジメントすることを指す。具体的には、国内外のグループ会社を含めて、資金繰り、在庫、売掛回収、支払いサイトの調整、為替、社内価格振替制度、税金などを考慮して現金ベース(入金・出金)で管理することを指す。制度会計やコーポレート・ファイナンスとの違いで言えば、次のようになる。・キャッシュマネジメント→半年から1年先までの意思決定。資金管理、資金繰り、現金出納などの実務的な業務や資金計画、為替管理、金利管理等の意思決定に関わる業務。・制度会計→過去の期間ごとの記録。会計原則、会社法、金融取引法等のルールに則ってすでに行われたことを記録する。・コーポレート・ファイナンス→2年~10年先までの意思決定。企業が資金調達し、その資金を配分して企業価値を高めるための効率的な財務戦略。欧米のグローバル企業に比べ、日本企業のキャッシュマネジメントへの対応は遅れている。本書はリスクマネジメント、税務戦略、運転資本管理、資金調達、人材、ネットワークなど関連するポイントもすべて網羅した入門書となっている。財務管理者は必読の1冊。

カゴに追加 2560 円(税別)

入門書の決定版リスクマネジメント、税務戦略、運転資本管理、資金調達、人材、ネットワーク……関連するポイントもすべて網羅。キャッシュマネジメントとはなにか?キャッシュフローと、それに伴い発生する資金の過不足(資金ポジション)を効率的にマネジメントすることを指す。具体的には、国内外のグループ会社を含めて、資金繰り、在庫、売掛回収、支払いサイトの調整、為替、社内価格振替制度、税金などを考慮して現金ベース(入金・出金)で管理することを指す。制度会計やコーポレート・ファイナンスとの違いで言えば、次のようになる。・キャッシュマネジメント→半年から1年先までの意思決定。資金管理、資金繰り、現金出納などの実務的な業務や資金計画、為替管理、金利管理等の意思決定に関わる業務。・制度会計→過去の期間ごとの記録。会計原則、会社法、金融取引法等のルールに則ってすでに行われたことを記録する。・コーポレート・ファイナンス→2年~10年先までの意思決定。企業が資金調達し、その資金を配分して企業価値を高めるための効率的な財務戦略。欧米のグローバル企業に比べ、日本企業のキャッシュマネジメントへの対応は遅れている。本書はリスクマネジメント、税務戦略、運転資本管理、資金調達、人材、ネットワークなど関連するポイントもすべて網羅した入門書となっている。財務管理者は必読の1冊。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: キャッシュマネジメント入門―グループ企業の「資金の見える化」
  • 著者名: 編著:西山茂
  • eBookJapan発売日: 2013年11月01日
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ページ数: 781ページ
  • 立読ページ数: 41ページ
  • ファイルサイズ: 10.1MB
  • 関連ジャンル: 専門書 ビジネス趣味・実用 経済・経営
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。