書籍の詳細

ひさしぶりに友人のパーティーに出席して明るい気分になっていたバリーは、突然恐怖に怯えた。パーティーには生涯でもっとも会いたくない相手、億万長者の義兄ドーソン・ラザフォードが出席していた…!!5年ぶりの再会。いまだにドーソンが残した恐怖と絶望から立ち直れないでいるバリーに向かって、ドーソンは高圧的な態度で信じられない提案をした。家に帰ってくること。それも妹としてではなく、期間限定でドーソンの婚約者として振る舞うという条件だった…!?

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

過去からのラブレターのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    紹介文の内容が違いますね(笑)
    タイトル見て紹介文と合わないな~と思ってましたが、全く別の話でした(笑)

    でも、よかったです。

    内容は、
    スイスのホテル王トリスの甥っ子アランは古いバックパックから、叔父宛のラブレターを見つけた。
    ラブレターは事故でトリスの記憶が欠落している十二年前の客船の上で書かれたものだった。
    アランは記憶喪失に苦しむ叔父のために、ラブレターの送り主レイチェルを探し出すが…。

    みたいな感じです。
    紹介文の代わりになれば。
    あんまり内容書くと、
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年09月26日