書籍の詳細

花のお江戸は吉原から、平成の世に再びタイムスリップしてきた女郎・仙夏。天下一品の花魁テクはますます冴えわたるも、恋する気持ちは平成乙女と変わらない……!? 奇想天外抱腹絶倒ジャパネスク・ギャグ、第二巻★

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

江戸モアゼルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 江戸モアゼル
    学校帰りや仕事帰り、いつものコンビニに立ち寄ったら、レジにいたのは「花魁」……!? 江戸時代からタイムスリップしてきた女郎・仙夏とその仲間たちが繰り広げるジャパネスク・ギャグ! 仙夏の女っぷりが平成のオトコとオンナを釘付けにしちゃいます。笑って笑って、たまにホロリとする傑作です!
    投稿日:2015年11月30日
  • 江戸モアゼル
    江戸時代の花魁・仙夏と、新造(新人の女郎)の寿乃、下働きの平吉の3人が、ひょんなことから現代へタイムスリップ。江戸とのギャップにあたふたしながらも、普通にバイトしながら生活していく3人のたくましさはあっぱれです。花魁まで上り詰めた仙夏の色気は現代でも有効で、なんだかおかしな髪型をして、意味不明のことを言っているのに、現代の男性も骨抜きにされてしまいます。バイト先の眼鏡男子との恋愛!?模様は必見です!!
    投稿日:2015年08月28日