書籍の詳細

「週刊バイブス」の人気連載『タンポポ鉄道』が実写映画化。原作者の八丹もお墨付きの面白い脚本が完成し、主要キャストが続々決定。しかし作品の肝である役を演じる大御所俳優の所属事務所が 脚本の改定、キャラクターの大幅変更を求めてきた! 誰のための映像化なのか、なんのための映像化なのか…。映画会社のプロデューサー、監督、脚本家、興都館の映像メディア部・小野田。作品を巡る彼らの闘いの末に出来上がった映画は…!?

総合評価
4.8 レビュー総数:5件
評価内訳

重版出来!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 漫画の編集など漫画の出版を陰から支える人たち
    ドラマ化されたということで知った作品だが、その時点では表紙の絵を見た時点で敬遠して読んでいなかった。読んでみたら、面白くて一気に読んでしまった。「バクマン。」とか漫画家を描いた作品は多いけど、漫画の編集者とか校正とか営業とか、縁の下の人たちに焦点を当てたのは珍しい。そして、みんなそれぞれに自分たちの仕事に信念を持って取り組んでいて、グッと来た。「何でこの漫画が売れたか分からない?売れたんじゃない、俺たちが『売った』んだ」は格好良かった~。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月24日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    ドラマから知りました、配役と原作に少し違和感がありますが、自分の夢中になれる仕事って良いですね^^
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月22日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    以前から知っていましたが、表紙を見る限り4コマ漫画かな?と思って敬遠していましたが
    読んでみるとしっかりとしたストーリー漫画でとても面白かったです。
    バクマンのような漫画業界をテーマにした漫画ですが
    漫画家ではなく出版社の心ちゃんがが主人公です。
    心ちゃんの野武士のような真っ直ぐさと人間性の良さ、明るさを見てるだけで
    元気をもらえる一冊です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月21日
  • 匿名希望
    スーパーガールかと思いきや
    働きマンみたいな職場なんだろうと思ってたら結構違うっぽい。
    主人公が凹まないというかへこたれない図太さがあり、どっちかっていうと編集王に近いのかも。
    カンパチ(編集王の主人公)とも全く違うけど、編集部ってこういう感じなのかなーと憧れに似た気持ちを抱かせる。
    どうせ女子が可愛いんだろ、モエモエなんだろと思わせない表紙のデザインもまた良し。

    で、やっぱり今の時代に合った事件が起きていくのがなんでか見ててすごく自然で、これが雑誌編集だと日常なんだという空気が感じられる。
    コグマが斬る!というほど主人公大活躍ばっかりじゃないけど見てて心地よい。
    このマンガがすごいとかで推されるのも納得でした。
    • 参考になった 8
    投稿日:2014年02月05日
  • すいません!少女マンガではないのですが面白いのでオススメさせて下さい。こちらの「重版出来」は普通に私も「じゅうはんでき?」と読むのかと思いましたが、「じゅうはんしゅったい」と読むそうです。第1巻…号泣しました!!重版は漫画家も編集部も営業部も書店の皆様も本当にみんなが心から喜べる出来事です。「これで全国の書店に行きわたる!」と言うセリフがいいです。舞台は出版社そしてマンガが中心の物語です。マンガ好きの皆様にはとても面白い内容だと思います。こんなに熱き戦いが繰り広げられているんだ、この一冊に…と感動いたしました。そして、我々電子書店も紙ではないですが、うちの編集部はマンガが本当に好きな部員が頑張っています☆電子書籍ももっともっとこういった「想い」で皆様にお届けしていきたいなぁと熱く!私も感じました!そして主人公の「黒沢心」は男性も女性も応援したくなる超かわいいヤツです。是非読んで欲しい!みんな読んで!
    • 参考になった 9
    投稿日:2013年11月22日