かっこいいスキヤキ

450円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

泉昌之(久住昌之原作、泉晴紀作画)・の伝説的デビュー作品「夜行」を収めたカルトコミック『かっこいいスキヤキ』。「ロボット」「最後の晩餐」など全22作を収録。

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 450 円(税別)

泉昌之(久住昌之原作、泉晴紀作画)・の伝説的デビュー作品「夜行」を収めたカルトコミック『かっこいいスキヤキ』。「ロボット」「最後の晩餐」など全22作を収録。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: かっこいいスキヤキ
  • 著者名: 泉昌之
  • eBookJapan発売日: 2013年10月25日
  • 出版社: 扶桑社
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 325ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 72.0MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガ人情料理
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

『かっこいいスキヤキ』は泉昌之のデビュー作。泉昌之は泉晴紀と久住昌之のコンビによるペンネームで、主に泉が作画、久住が原作を担当しているのだそうです。久住は『花のズボラ飯』(漫画:水沢悦子 原作:久住昌之)や『孤独のグルメ』(谷口ジロー 久住昌之)などの原作?としても知られています。どちらも新感覚テイストの食漫画として話題となりましたが、この『かっこいいスキヤキ』にも『孤独のグルメ』の原型と思しき短編が含まれています。「夜行」という冒頭の作品なのですが、ハードボイルド風の主人公が車内で駅弁を食べるお話です。カツやサバ・卵焼き等ふんだんのおかずを「どう せめるか」と思案しながら箸を進めていきます。久住作品のこれぞ持ち味ともいうべき、こだわりの味わい方が描かれているのですが、『孤独のグルメ』では見られないギャグのオチで味付けされています。声を上げて爆笑する笑いではなく、心の笑いのヒダを微妙にくすぐられるような可笑しみあふれる読み切り短篇が、幕の内弁当のようにこの一冊に詰まっています。(2013/11/8)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。