書籍の詳細

私は溺れる愛玩ドール■「君は父の愛人だったんだろう?」伝家の宝石を盗んだ咎で、孤児アナベルは古城に監禁されてしまう。本当は無実で処女なのに、美しい伯爵は信じてくれず、目隠しされ媚薬を塗り込めた花びらを一晩中、指一本で淫らにまさぐられた。初めて知る甘い官能と屈折した愉悦を刻まれながら、アナベルは初めて好きになった人に弄ばれて傷ついてゆくが!?■はからずも囚われて、身も心も奪われる、愛縛ロマンス!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    憂う乙女の甘美な初夜
    処女のふりをしている、父親の愛人だったのだろう、伝家の宝石を盗んだ女狐だということで、雪降る古城に監禁されてしまいます。

    目隠しされて、媚薬をもられて、秘密を吐くようにと指一本で一晩中、性的な拷問を受けてしまいますが、ひどいことをされているのに、でも、好きな気持ちは抑えられない。アナベルは冷たい伯爵様を好きになってしまうのです。

    アナベルと伯爵の関係がどうなるのかが気になって、没頭して読んでしまいました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年11月11日